スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼、トノバン。

「フォークル」加藤和彦さん自殺
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2009101700261
加藤和彦という存在に触れたのは、小学生の時に近所の友人宅で聴いたのが最初でした。父親のレコード棚にあった「帰って来たヨッパライ」のシングル盤を聴かせてもらったのです。子供ですから、当時は「変な声」と喜んでいたと思います。

リアルタイムでは無いのですがサディスティックミカバンドの変遷も楽しみ、フォーク・クルセダーズの新結成にも歓喜の雄叫びを上げた覚えもあります。なんたって公式的には30年ぶりの新結成だったのですから。そして和幸、昨年のVITAMIN-Qの活動。「同じ事は二度とやらない」をモットーにしている加藤和彦の音楽性が、そのままバンド・ユニット活動にもつながっていたと思います。

「悲しくてやりきれない」と嘆くより他の方法は無いのでしょうか。


盟友忌野清志郎の死去に際し、「あいつの死は受け入れたくない、葬儀にも行かないし、冥福も祈りたくない」とコメントした泉谷しげるは、今回も同様に叫ぶような気がします。師匠でもあった加藤和彦の死ですから、今回も何かしら行動を起こすはずです。


しばらくは、所有している加藤和彦関連の音源でこれまでの功績に感謝をしつつ、自分なりに追悼をしたいと思っています。
あらためて、ご冥福をお祈りします。

秋田黄魔愛聴会。

YMO
最近、なぜかYMOが聴きたくなります。
毎週のさにさたの放送が気になってテクノ系の音楽が聴きたくなるのでしょうね。もしかするとビートルズのリマスター版の発売も影響しているのかもしれません。

もしYMOとビートルズの共通点があるとすれば、活動期間が短いわりにアルバムごとに変貌を遂げる音楽性が大きいのだと思います。初期、中期、後期、不活動期。そして同時代に活動した音楽にも多大なる影響をあたえ、後年にも音楽遺伝子を与えるほどの存在感。数多な言葉を並べても語りつくせないほどの伝説性。今後も不世出と思えるほどのカリスマ性。

ピノエアライン。

この記事を見た数人がニヤリとしてもらえばいいのかなと思ってます。もしかすると一人だけかもしれません。
ピノ新CMでキャビンアテンダントに
http://www.barks.jp/news/?id=1000049019
~写真編~
http://www.barks.jp/feature/?id=1000049020&p=0

ピノエアライン
http://pinoairlines.com/

このCMの話題を知ってから思い出した、カセットのCMがあったので・・・
あの時はスタジオに人形を並べて撮影したようで、その後にアルバムジャケットにもなりましたが今回は似たシーンは無いので期待しても無駄のようです。

今週のテーマ「発見しました!」に関連した記事を書いてみました。
これだけ伏字にした記事でも、知っている人だけニヤリとしてもらえばOKかなと思ってます。
毎月恒例のWebCMを制作するよりも喜んだりして・・・
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

バナー集 洋楽編

秋田はアマチュアの音楽レベルが高いと聞いた事があります。
地元新聞にも、様々なジャンルのライブハウスを紹介している連載があって楽しみにしています。
ストリートライブやイベントでメディアにたくさんのバンドが取り上げられているようですが、寂しく思うのは、音楽に関連したブログが少ないように感じています。もっと交流があると、間接的にも「秋田が元気に」なるような気がしています。

この記事のきっかけになったのは、エフエム秋田にリンクしてあった「ドコモ熟年バンドコンテスト」を見つけたからでした。応募資格は幾つかありますがバンドメンバー全員40歳以上(1969年12月31日以前に生まれた)で構成されていること。演奏楽曲はオリジナルまたはコピー(インストゥルメンタル含む)でジャンルは問わず。が、他流試合的コンテストで良いですね。
熟年バンド
http://www.jukunenband.com/index.html

最近、AMラジオでは告知を聞いているのが「TOYOPET MUSIC SESSION 全国ナイスミドル音楽祭 2009」です。こちらの条件も、メンバーの平均年齢が35歳以上であること、となっています。
トヨペット
http://www.toyopet-ms.com/

そこで。
今回もバナーを制作しました、洋楽編です。
自由にダウンロードして使って下さい。事前了解も事後承諾も必要ありませんので、勝手にブログなどに画像の一つとして貼り付けて下さい。

アメリカ南部から生まれ、イギリスにて派生ジャンルを増やし、日本でも関西などに地域に根ざした。日本では「ブルース・バンド」と直訳した憂歌団が象徴的存在。
憂歌

まずは、ロックの伝道師といってもいいでしょう。能書きも説明も不要なほど有名なバンドです。解散から40年経過しても未だに支持されるのは元祖的存在だから。
甲虫

説明不要な世界最長寿バンド。活動休止期間や幾度のメンバー交代を乗り越えて、ロック界にビジネスを持ち込んだとも言われている。
転石

ロックの名盤「サージェントペッパーズ」に影響されたともいえる、当時としては問題作ともいえるアルバムを発表。夏のイメージが強烈ながらも、分裂やメンバー交代を繰り返した殿堂的バンド。
浜子

ブルースに敬意を払い、ハードロックと構築したと言われた伝説的なバンド。衝撃的なメンバーの死により活動休止。それぞれメンバーの活動の度に再結成を問われ、比較される現実。
鉛船

結成当初から総入替えと思えるほどメンバーが変わり、その度に音楽性も変わる不思議なバンド。日本公演の音源をきっかけに人気が出たと言われている。
深紫

今ではビジュアル系といわれても市民権があっても当時としては違和感があったはず。歌舞伎メイクを原点として、魅せる音楽を追求したバンド。
接吻

オペラなどのクラシックとロックの融合を標榜し、結成当初からノーシンセサイザーのクレジットを記載していたのは有名。唯我独尊的ロックバンド。
女王

音楽ジャンルとしてベビィメタルの黎明期から、ほぼ40年。派生的ジャンルも多く一般的にも認知されてきた。
鋼鉄

ロックがブルースから派生したジャンルとも言われながらも、パンクは影響を受けていない稀有な音楽。難解で堅苦しくなったロックを、不満から生まれた政治色の強い歌詞でも有名。
性銃

ビジネスブログの支援やWebCMの制作代行など
 出来る限り相談に乗ります。
まずは下記メールにてお待ちしています。
akegarasu715@gmail.com

ロックスターの悲劇。

キヨシ
始めて聞いたのは久保講堂のライブを録音したラジオ番組だったと思うのですが、非常に衝撃を受けた覚えがあります。バンドメンバーを紹介する曲を聴いたのは、これまで無かったのですから。

完治までに僅かな可能性があったとしても「不死身なロックスター」だと信じていましたが、実際に訃報に接するとあまりにショックが大きいので、気持ちの整理がついたら改めて記事を修正します。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090502-490056.html

追記:5月9日
「ひどいよ、この冗談は」甲本ヒロト弔辞
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/090509/msc0905091549013-n1.htm
泉谷しげるからのメッセージ  忌野清志郎・伝(1)
http://www.wagasha.co.jp/pages/messages/message.html#anchor_01
ケラリーノ・サンドロヴィッチの追悼記事
http://blog.livedoor.jp/keralino/archives/65254935.html
新寺レコード主宰KENNYの追悼記事
http://love.ap.teacup.com/kenny/1627.html
敬称略:順不同

ロックスターは伝説になった・・・

世界でたった一人の、忌野清志郎へ。
たくさんの素晴らしい曲とメッセージをありがとう。
愛してます。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
秋田ブログで輪
popIn Rainbow
BlogPet
検索フォーム
ランキングチェッカー
最新記事
訪問者ブログパーツ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
プロフィール

明烏

Author:明烏
ブログを始めました。

カテゴリ
最新記事
HeartRails Badge
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。